俣野温子(またの あつこ)

作家、画家、デザイナーとして幅広いファンに支持され続けている総合クリエーターです。
詳しくはATSUKO MATANO.JPをご覧ください。

俣野温子のものつくり

俣野温子は、現在までに数多くのロングセラーを生み出し、単なるキャラクター商品ではない「俣野温子の世界」を確立してきました。
商品は、テキスタイルデザインからステーショナリー・陶磁器・木製品・生活雑貨…と多岐に渡り、
そのどれもが、ものつくりの原点に戻りながらひとつずつ丁寧に創作されています。
メッセージブックの先駆者としても知られ、実用書・絵本・詩画集・児童向け著書など多くの出版物があります。

俣野温子のライフワーク〜「絵」と「言葉」と「音楽」と

「絵」と「言葉」と「音楽」が融合した世界の提案も、俣野のライフワークのひとつです。
1999年、プロジェクターを使ったリーディングコンサートをプロデュースし、舞台の構成・脚本・オリジナルの歌などを発表。
以来、クラシック・日本歌曲・ハードロックなど…
それぞれのジャンルで活躍している人たちと、ステージも手がけています。